今日、グローバル化やインフラシステムの相互依存の増大といった多様な環境要因の変化により、社会が直面するリスクは複合化の様相を呈しています。こうした複合的な事態にいかに対応し、レジリエントな社会を構築するかは、ガバナンス上大きな課題といえます。そこで、本セッションはこの問題を考えるため、日本が直面した(している)分野の異なる3つの複合リスク新興感染症、自然災害、気候変動、を取り上げます。各分野を横断的に比較検討することにより、各リスクの特性・スコープ等の差異と共通点を導出し、求められるガバナンスやリスクコミュニケーションのありかたを議論します。ガバナンス上は、科学的エビデンスと政策決定の課題(評価と管理の分離・相互作用の実態、制度の横連携を阻害する行政上・研究上の要因)といったことが議論の対象として想定されます。また、コミュニケーションでは科学的知見・リスクを社会にどう伝えるかといったことはもちろんのこと、人々がいかに自分事としての認識共有をどうするか、といった課題も取り上げます。

The risks the society faces are becoming more and more complex along with the various environmental changes caused by increasing globalization and interdependence between infrastructure systems. How to cope with such complexity and establish a resilient society is a grand challenge for governance. This session will take 3 complex risks of newly infectious diseases, natural disasters, and climate changes. Through cross comparative analyses of these risks we will try to identify the difference and commonalities of the characteristics and scope of each risk and discuss the governance and risk communication. The discussion on governance will focus on the evidence-based policy making (how the separation and interaction between assessment and management are currently going on; the administrative and research factors that hinder the cooperation across the systems). We will also discuss how scientific knowledge and risk can be relayed to the society as well as how people share the information as their matters.