サンプル

SciREX事業では、科学技術政策とそれに繋がる研究の推進を行うと同時に、全国の6つの大学で教育プログラムを開講し、さらに行政官のための研修も行っています。SciREXの研究や教育プログラムに関わった方々にフォローアップ調査の結果、「政策のための科学」に必要な人材像が明らかになってきました。このSciREX事業10年間の活動からの成果を踏まえ、これからの5年間に向けて「求められる人材・能力」について海外からの事例をもとに議論します。

 

 

今回のセッションでは、これから社会課題に取り組むために「変わりゆく(トランスフォーメーション下における)科学技術イノベーション政策」に必要となる人的資本、能力に議論の焦点を当てます。登壇者のデンマーク、コペンハーゲン・ビジネススクールSusana Borras教授からは「求められる人材・能力」の概念をGreen Transformation の事例を参照にご説明していただいたのち、世界銀行東京開発ラーニングセンターのVictor Mulas氏にはSmart City Initiativesなど日本国内外の事例を通じての知見を共有いただき、GiSTの飯塚倫子教授の司会のもと、これから日本におけるSTI人材に求められる能力についての議論を行う予定です。このセッションを通じて、これからの日本で行うべくSTI人材育成、必要な能力などの理解と議論を深めることを目的とします。

The SciREX Program pursues research on Science, Technology and Innovation (STI) policies, educational programs at 6 Japanese universities, and training for government administrators. Last year, a follow up survey to the current students and the alumni of the SciREX programs was conducted. The results illustrated the images of capabilities that are called for implementing “science for policy.”   Looking ahead for the remaining 5 years of SciREX program, this session will discuss desirable capabilities for implementing “science for policy” with international experts.

 

 

Specifically, this session will focus on the human resources and capabilities needed in Japan to implement STI policies under the transformation to meet social challenges.  Professor Susana Borrás, Copenhagen Business School, Denmark will illustrate desirable "domestic capacity" for implementing STI policies, drawing examples of Green Transformation. This will be followed by Mr. Victor Mulas, Tokyo Development Learning Center, the World Bank, who will share cases from both Japanese and overseas that address transformations, such as Smart City Initiatives. The discussion will be moderated by Professor Michiko Iizuka, National Graduate Institute for Policy Studies (GRIPS) in Japan.